香川第一分区ガバナー補佐

八田 光(はった ひかる)

■RC役職歴

00-01 幹事

09-10 会長

 

■その他委員長

96-97 会報

98-99 出席

99-00 副幹事

01-02 米山記念奨学

02-03 ロータリー情報

04-05 会員選考

05-06 世界社会奉仕

06-07 RI財団

07-08 職業奉仕

08-09 職業奉仕(副会長)

10-11 直前会長

16-17 ロータリー情報

 

■受賞歴 

ポールハリスフェロー2007.12

マルチプル     2015.12

米山記念奨学功労者 2005.11

マルチプル     2016.11


あいさつ

私が所属する高松北ロータリークラブは1980年に高松、高松南、高松東、高松西の各RCをスポンサークラブとして創立されました。それから8年後に初代会長高嶋が香川分区代理としての任を、そして2007年には赤松が香川第一分区ガバナー補佐の仕事をさせていただきました。高松北RCはクラブ自身として様々な奉仕活動・事業を行っておりますが、ロータリー組織自体の業務への奉仕も他クラブと同様に重要と考えております。この度は、私がそのような思いを持つ高松北RCの気持ちを出させていただき、香川第Ⅰ分区ガバナー補佐として柳澤ガバナーの指示のもと、いただいた責務を全うするために懸命に働かせていただきます。

ガバナー補佐の役割といたしまして、ガバナーを援助することによって、担当するクラブの効果的な運営をサポートすることとあります。そのような活動の中で担当するクラブの素晴らしい成果や経験をお聞きする機会を頂けること、またガバナーが公式訪問されるときに同席させていただけることに感謝申し上げます。

そして、高松北RCに20数年在籍していながらその中で漫然と呼吸をしていたところから少し出て、ロータリーとの新しい関わりを感じていきたいと思っております。

活動する気持ちといたしましては、実際の仕事をする時の自分への掛け言葉「いつも 明るく 楽しく ラン・ラン・ラ~ン」

「Always Brightly Cheerful Run(懸命に生きる) Run(経営・運営する)

Learn(学ぶ) 」を心に持って、皆様とコミュニケーションを取らせていただきたいと思います。

恐縮ではありますが、皆様にはロータリーの寛容の精神をいかんなく発揮していただいて、未熟な私を色々な場面でお許し頂けますよう、お願い申し上げます。